テレマークスキー前転日記~ケガに注意!!

56歳ヘタレスキー部.部員ついに1人 @札幌

新型コロナウイルス拡大による引きこもり要請のなか、札幌ばんけいスキー場へ

2020年3月1日(日)
北海道は緊急事態宣言とか外出抑制のお願いとか、とにかく特別なことになりました。
札幌市内は道路が妙にすいていて、地下鉄も学生がいないためスキ空き。
ところで天気予報は日曜日朝に雪マークがついているではないですか。
土曜日に、「明日雪が降っていたら、雪かきをあまりしないでスキーに行きます」と相方に伝え、起きてみたらうれしい降雪・積雪状態。

というわけでばんけい出動。
9時過ぎから2時間、ビッチリ滑りました。

f:id:maruhenyasu:20200301105730j:plain

ちょっと湿気はあるけど、ちゃんとしたパウダーでございました



雪は薄いですが圧雪したあとに雪が降ったらしく、完全にゲレンデパウダー状態。
ちょっとだけ浮く感じで、少しだけずらしにくい程度の厚みもあって、かなり楽しめました。10時にオープンするイーストリフトにめがけて動いた人間はボクだけではなく、10人ほどがパウダーランを楽しみました。
太ももに雪が乗るくらいのスプレーは上がる。
ノンストップで滑って、運動不足がたたりかなり疲れたので、オレンジエリアに再移動。ところがとにかくスキーヤーが少ないから、まだまだゲレンデパウダーが残っているのです。
センターリフトと呼ばれる初級者向けリフトで、ゲレンデ脇やコース脇を滑りまくり、ときどきカービングの大回り練習を入れて、最後はバテました。

f:id:maruhenyasu:20200301100210j:plain

土曜、日曜と連続の積雪で、下地もまあまあ良かった

どんな雪でもスキだけど、やっぱりパウダーはいいね。
この日はテレマークを持っていって正解だった。
久しぶりにテレマークがメチャ楽しかった。そして、自分以外にも数人のテレマーカーがいた。みんな楽しそうだった。

ノンストップで滑って、11時30分であがったけど、けっきょく最後までパウダーが残っていた。というのも、とにかく人がいない。キッズや初心者向けのフワフワやそりコースに、人っ子ひとりもいないんだ・・・。かなり悲しい状態。

f:id:maruhenyasu:20200301105723j:plain

誰もいないこどもたちの遊び場「わくわくスノーランド」

レッスンはやっていたし、検定もやっていた。そういう人たちは少し減ったのでしょうが変わらずに滑っていました。

ボクにとってシーズンベスト、記憶に残るばんけいでした。

ちなみに、センターハウスには一度も入らず、トイレも行かず、車-券売所-リフト乗り場-滑る-リフト-滑るの繰り返し。かなり安全な遊びなのにね・・・。

医学部・看護系を目指す親子のために その2医学部を目指す子の高校受験in北海道

f:id:maruhenyasu:20191226183713j:plain

いまでも張り出すんですね。


2019年3月に受験生の親生活が終わりました。
わが家には子どもが3人いて、最初は全員が医療系を目指しました。夫婦ともにまったく知識も経験のない進路で、その都度調べたりしながら、何とか全員を教育しました(まだ残っているけど)。

3人はそれぞれ受験に失敗しています。
第1子は高校受験に失敗。私立高校に通い、本人いわく数2が分からず医療系を断念。大学は本州に行きたいようでしたが、あまり勉強熱心じゃない子を送り出すほどゆとりもやさしさもないので、国公立を受けて、落ちて地元の私立大学に進み地元に就職しました。
第2子は安全に受かる高校を選び、卒業後の進路は国公立の専門学校に落ちて私立に通い、この春無事に国家試験に合格して就職で北海道を離れました。
第3子はランクを落として公立高校に入り、二浪して初志貫徹の医学部に入り、北海道を離れました。

医学部受験を何も知らない親子が合格するまで

f:id:maruhenyasu:20191226183823j:plain


医学部進学について聞かれることはあまりありませんが、医学部受験の情報は限られているので、現役含め3回の受験で何があったか、少し書いてみたいと思います。
そもそも医学部に入学する子の、5~7割が医師の子弟だそうです。世界がクローズで、だから医療関係者以外には情報が足りないのです。子どもによると、両親が医師を含む医療関係者じゃない、大学で理系を選択していない、なんて家庭環境の子は、かなり特殊だそう。
そうだよね。うちは子どもに一度も「医師になってほしい」と勧めたことはない。むしろ、親は「医学部にこだわらず、受かるならどこでもよくね」という考えでした。

その考えをいさめてくれたのは、知人たちでした。
「医学部を受験できるだけでもすごいんだ」
「がんばらせろ。受かってしまえばこっちのものだ」
ボクはその意味が、二浪の秋まで分かりませんでした。

第3子は子どものころから医師・医学研究者を志望していました。小さいころはガンバレ、くらいのものですが、高校受験になると少し重くなってきます。

そもそも中学生活をうまくやれなかった。そう嫁は振り返ります。
小学校だって小学5年生のときに学校にライターを持っていったとかで反省の五分刈りになり、6年で担任が替わってようやくクラスがまとまったということがありました。小学校高学年になると、スキルの低い教師には手に負えない子が出てきます。
また、
『みんなで仲良く』の小学校から
『高校受験・競争』の中学校へ。
その劇的変化が異常だと自分は以前から思っていますが、中学ではそんなこともあんなこともうまくいかない。部活をやっていましたが、友だち関係もうまくいかない、教師との関係もうまくいかない。
親に愚痴れば、親(ボクらのことです)は『立派な先生ばかりじゃないし、オマエのことをみんなが理解してくれるわけでもない』と教えるわけですから、教師不信が増幅する。そんな悪いスパイラルだったようです。
そういう態度もひっくるめて大人の対応ができないわけです。まあ大人じゃないですからね。中学・高校は子どもではないけど大人でもない。難しい時期です。

トップ校がすべてではない.難しい高校選び

f:id:maruhenyasu:20191226183943j:plain


公立小中学校で「優秀」と見られている子のなかには、うちの子のように繊細で自分を曲げることが苦手な子がいるはずです。
そういう子の中学・高校時代をうまく導いてくれる学校を選ぶのは、親の責任ですね。グレるとめんどうだし、進路をふさいでしまいかねません。実際にそういう例も見てきました。この話が、次の話につながります。


「医学部を目指すなら、まず医学部を目指す子がたくさんいるトップ校に入学させる必要がある」

dot.asahi.com

高校受験の塾ではそんな話を聞く機会が多いと思います。
この考えはもちろん正しいと思いますし、そもそも公立ではなく、中学から私立に入れる家庭もあるでしょう。が、ボクはこの大テーマよりも優先することがありました。それは、
「高校入試の失敗は、してはいけない」ということです。

じつはボクも、第1子も、高校受験に失敗しました。高校受験に失敗すると、そのことを1~2年でしっかり受けとめることができない。15,16歳の子どもには大きすぎる挫折なのです。もちろんそうではなく、ちゃんと受けとめられる子もいますが、わが家のように幼稚な子どもはNG。
だから、札幌の東西南北、いわゆるトップ校を受けさせませんでした。
高校入試の点数はトップ校でも合格するだけ取ったようですが、そこまでの内申が悪い。模試でとれないのは、出遅れ、幼稚さの表れ。ただ内申が悪い理由は勉強だけなく、これまで書いてきた教員との軋轢もあったのでしょう。末っ子はトップ校の次のランクの高校に入り、そこからがんばる道を、なかば強制的に選ばせました。子どもは相当反発しましたが。

高校受験は親の受験です。受けるのは子どもでも、どこを受けるかは親が決めるべきです。これが、3人育てた父の意見です。特にうちの子たちは幼稚でしたから。

第3子は自分の思い通りにならなかったことにものすごく反発しましたが、運良く、入った高校との相性がとてもよく、高校でいろんなことを学び、身につけました。
難しかった小学校高学年から中学時代、そして高校選びまで、精神面のケアをしたのは嫁でした。男の子はけっこうたいへんです。

高校受験を考える.札幌のトップ校について

札幌では、東西南北をトップ校として扱いますが、本当は違います。トップ校は札幌南と札幌北だけ。札幌南は、東大合格者数、医学科合格者数ともに公立高校として全国有数の、紛れもないトップ校です。
序列をつければ
Sランク 札幌南・札幌北
Aランク 札幌西・札幌東
準Aランク 札幌旭丘
となります。
公立高校は、ここまでに入っていれば医学部進学は大丈夫。
その下が無理という意味ではありません。トップ高と言っても違います、という話です。

高校2年の冬に自転車競技を始める!!

f:id:maruhenyasu:20191226184527j:plain

1月に苫小牧まで試走に連れて行きましたよ


高2の冬、確か12月の初旬。2人で初スキーに行った帰りに「自転車競技でインターハイを目指したい」と言い出したのです。
それまではどんな投げかけにも常に即決してきたボクも、さすがに「答えは2~3日待ってくれ」と返事したのです。

いろいろ考えました。
Q:自転車競技を禁止したら勉強するか?
A:たぶんしない

Q:自転車競技をやらせたら合格するか
A:たぶんしない

Q:どっちの選択が、合格に近いか
A:好きにさせて、自分の行動に責任を持つこと。

ということで、数日後、自転車競技を始めることを認めました。
やらせるしか方法はないと思いました。
1つだけ条件をつけました。
「今まで通り文武両道で進んでほしいが、受験まで1年しかない。運動のほうは自転車だけにしろ。スキーもバドミントンも捨てろ」と。
子どもはそれを承諾しました。

そして、自転車やさんに行ったわけです。
ビックリするほど高いわ。自転車20万円は覚悟していたけれど、ペダル、シューズ、ヘルメット、その他・・・
正直、支払いのメドもない買い物でした。それまでに第1子の教育費がかかっていたし、第2子の進学を控えていたのです。


シーズン開幕の大会(2016年5月、札幌近郊)


高校3年になり、多くの部活は6月ころをもって終了します。しかし、自転車はインターハイ予選が比較的遅く、なんだかんだで夏休み前まで、勉強しながら自転車もやり続ける生活になりました。

f:id:maruhenyasu:20191226184116j:plain

高3の大会

第2子は国公立の専門学校が不合格となり、かなりお高い私立の専門学校に通い始めていました。経済的に非常につらい時期でした。

第3子はというと、完全に医学部受験をなめていました。「東北大学を目指す」と発言し、親・兄弟・学校の担任、お世話になった小児科医のN先生に「そのうち現実が分かる」とあきれられる始末。本格的に模試を受け始めて、あまりにも成績が悪く、それでも本人は「S台模試はA,B判定なんか簡単にでない」と言い放っていました。
ぼくも1浪しましたからね、模試の見方ぐらいは分かりますよ。まったく見込みがないことぐらい、わかりますよ。

とは言え、地元の旧帝大の理系ならB判定くらいでているのです。だから、ひょっとしたら、とか勘違いしてしまいます。でもやはり国公立の医学部は難しい。
現役時は予備校も行きませんでした。みんなが通い始める時期に出遅れたと言っていました・・。

 

maruhenyasu.hatenablog.com

 そして、現役時に前期で受けたのが今通っている大学。感触はよかったと言いますが、そもそもセンターでボーダーをとれていないし、でもまさかはあるかなと思っていましたが、まさかという坂はありませんでした。
後期は旭川方面の*川医科大学を受験。ここの後期は旧帝大並みに難しいので、受かる予感もしませんでした。

そして浪人。S台予備校生になったのです。

f:id:maruhenyasu:20191226185258j:plain

小学校時代の仲良し3人


ちなみに、小学校の幼なじみで、北海道の公立高校でトップ校に入り、現役で地元の旧帝大医学部に入学した子がいます。
ボクは彼らが小6のときにスキーに連れて行って、その子のことをよく知っています。女房も何度かスキーに連れて行っています。
運動能力バッチリ、頭脳明晰、他人の気持ちを思いやる配慮のできる、とても素晴らしい子です。三拍子そろったこういう子がいるんだなと思いました。

また、小学校のころ通っていたスキースクールには仲のいいスキー仲間が4人いて、そのうち3人が医学部に進んだそうです。仲良しは1級下の子たちで、うちの子も含め3人が今年の合格。つまり1浪2人、2浪1人だそうです。

高校の仲のいい同級生や後輩で医学部進学者はいないようです。
小学校の友だちに同じ進路を取った子が何人もいたことは、偶然なのかどうか分かりません。

小中学校の塾と、高校時代の予備校について

第1子が小学校のときに算数が苦手とわかり、公文に入れました。
それ以降、けっきょく3人とも公文に通い、2番目が小学校時代に脱落しましたが上の子は高校まで、下の子は中学いっぱい通いました。

 

maruhenyasu.hatenablog.com

 それ以外は一切やらせておりません。お金もそんなにありませんし。

医学部生は中学3年から塾に通いはじめました。行けばぐんぐん伸び出しましたが、前にも書いたように中2から中3の秋までの成績が足を引っ張り、内申が伸びませんでした。
高校入試はトップ校の合格に必要な、確か9割くらいの得点を取ったはずです。
この高校受験塾は合っていたようで、高校に入っても2ヵ月ほど「高校部」に通いました。ただ、自分の高校と授業進度が合わず辞めてしまいます。これについては珍しく父である自分は辞めることに反対でした。

というわけで、高校時代は最初の2ヵ月以外、まったく塾や予備校に通いませんでした。合格したからいいものの、今年落ちていたら親の取り組みが悪いとまわりから相当言われたと思います。

でもね、本人がやる気にならない限り、何をやらせてもダメなんです。特に第3子はそういうタイプの子でした。
それでも塾通いさせるのは、「何とかがんばってほしい」という親の祈りや、第2子のように「塾や予備校にぶち込んで無理やり勉強させる」パターンですね。

というわけで、うちの医学部生は、小学時代にゼロ、中学時代に1年、高校時代に2ヶ月しか塾通い・予備校通いしなかった子です。もちろん家庭教師もなし。地頭がいい(この言葉嫌いだけど)わけではないのに。

f:id:maruhenyasu:20191226185746j:plain

2浪の11月末に初めて予備校に行ってレクチャーを受けた30数年前の自分の時代とのギャップを感じた

ただし、予備校には1年で100万円オーバーのお金を2年も納めることになりました。(T-T)

 

MONTEC SKI Jacket買っちまった

Instagramのタイムラインにある日突然広告が表れて、モヤッとしたカラーリング+ビビッドオレンジに一目ぼれした。
その後MONTECについて調べたけど、SWEDENのベンチャー企業だということ以外、ほぼ情報なし。
何度も広告を浴びせられ、ついにポチった。

これ。

f:id:maruhenyasu:20191218101140j:plain

Fenix Ski Jacket Dark Atlantic Black

Fenix Ski Jacket Dark Atlantic Blackwww.montecwear.com

クリスマスには届くらしい。

※ちなみにショッピングサイトも完全に英語です。
LAST NAMEって名字か名前かわかんなかった(笑)

スウェーデンから送られてくるようです。送料無料!!

玄関に壁付けのスキーラックをつくる

f:id:maruhenyasu:20191201145005j:plain

いい出来だ!!

玄関にスキーラックを作ってみました。
冬になると玄関にスキーを置きっぱなしになります。
問題はスキーの「すわりが悪い」ので雑然と見えることでした。

10年以上も前から女房に言われていて、今ごろ重い腰が上がったのは、
ひとつには子どもの受験が終わって気持ちにゆとりができたこと、
もうひとつは、amazonでいいお手本を発見したからです。
こちら

www.amazon.co.jp

f:id:maruhenyasu:20191201144140j:plain

お値段12,280円也!!

コンクリートの壁に取りつけるので、
まずどうやってコンクリートにビス止めするか、
スキーを支える部分をどうつくるか
具体的なイメージが沸かず困っていました。
ときどきamazonで探して、もう購入するつもりになっていたのです。

 

1ヵ月ほど前にamazonで検索をかけたら、上のラックが見つかりました。
お値段を見たらまさかの1万円オーバー。
そして、製品は自分で作れそう。

やってみるかとなりました。

 

用意したもの:
1×4、長さ91cm木材(19×89×910mm)
丸棒15mmφ
ALC壁に止める用のビス
材料代は以上で、合計900円くらいでした。

 

自宅にあったもの:
木ビス35mm

 

使った工具:
のこ
ヤスリ
インパクトドライバ
モルタル用ビット、+ビット
プラスドライバ
曲尺

f:id:maruhenyasu:20191201144318j:plain

これはタジマ製ですが、通称ゴムボーイといわれ、今やプロの大工さんも使っているのこ

f:id:maruhenyasu:20191201144637j:plain

中学の図工で買ったヤツ




寸法を測ってホーマックに行き、
壁に止めつける材は1×4に決めました。
ボク的には幅60mmくらいがいいなと思ったのですが、
うちに帰ってきて壁に当ててみたら、案外良かったのでそのまま使いました。

f:id:maruhenyasu:20191201145448j:plain

百均かもしれん


1×4は未加工でそのまま使えます。
丸棒を切って、小口をヤスリで処理して、
さあ、1×4に止めつけましょう。

 

スキーラックの制作:

ここで何度か失敗こきましたが、
結論から言うと、

  1. 1×4材の裏からビスを打ち表側に少し飛び出した状態にしておく。
  2. 丸棒の中心にキリのようなもので先穴を開けて、その後ビスを少し打ち込んで抜く。
  3. 1×4材のビスの出っ張りを丸棒の先穴に当てて、そのままビスを打ち込む。この時インパクトを使ってもいいしドライバで揉み込んでもいい。

これでラックは完成。丸棒の間隔はスキーを置いて反りの幅、スキー同士のビンディングが干渉しない幅を確認して決めました。

 

コンクリート壁への止め付け:
いろいろ考えたのですが、うちにはドリルがないので、
Pコン穴(セパ穴)を埋めたモルタルに先穴を開けて、そこに軽量コンクリートALC)用のビスで留めることにしました。
なので、固定場所はPコン穴がある場所になるわけです。
1×4材が傾かないように設置するにはどうすれば良いか悩みましたが、
これも結論から言うと

  1. Pコンのボルトを避けて穴上部に先穴を開ける。
  2. 1×4材にビスを打ち込み、ビスの先端を数mm出した状態で先穴を見つけ、インパクトドライバでそのままビスを打ち込む
  3. 2ヵ所目は、1×4材にビスを打ち込み、ビスの先端を数mm出した状態でPコン穴にビスをこすりつけて場所を確認し、1ヵ所目の穴と平行になるように先穴を開ける。
  4. インパクトドライバでビスを打ち込む

全部で1時間くらいだったと思います。

f:id:maruhenyasu:20191201145036j:plain

きれいに納まる

口うるさい女房からお褒めの言葉をいただきました。

失敗
わざわざ皮付きの1×4材を選び、川の部分を上にするつもりが下になってしまいました。単純ミスです。

f:id:maruhenyasu:20191201145106j:plain

皮付きが好き!!

 

医学部・看護系を目指す親子のために その1.看護師を目指す親御さんへ

f:id:maruhenyasu:20191130132033j:plain


3月24日のブログに書いたとおり、

 

maruhenyasu.hatenablog.com

 

2019年3月に受験生の親生活が終わりました。
父は1浪で東京6大学の文系、母は高卒という家庭環境。立派なことが言えるほどではありません。
わが家には子どもが3人いて、全員が最初は医療系を目指しました。夫婦ともにまったく知識も経験のない進路で、その都度調べたりしながら、何とか全員を教育しました(まだ残っているけど)。

f:id:maruhenyasu:20191130132901j:plain


3人はそれぞれ受験に失敗しています。
第1子は高校受験に失敗。私立高校に通い、本人いわく数2が分からず医療系を断念。大学は本州に行きたいようでしたが、あまり勉強熱心じゃない子を送り出すほどゆとりもやさしさもないので、国公立を受けて、落ちて地元の私立大学に進み地元に就職しました。
第2子は安全に受かる高校を選び、卒業後の進路は国公立の専門学校に落ちて私立に通い、この春無事に国家試験に合格して就職で北海道を離れました。
第3子はランクを落として公立高校に入り、二浪して初志貫徹の医学部に入り、北海道を離れました。

専門学校か大学看護学科か

f:id:maruhenyasu:20191130132111j:plain



よく聞かれるのは、看護師になるための進路です。
大学に行くべきか、専門学校でいいか。特に親元を離れて国公立の大学看護系に行かせるべきか、地元で専門学校か。
いろんな考え方があり、答えは1つだけではありません。なので、うちはどう答えを出したかを紹介してみようと思います。

第2子は子どものころから看護師志望でした。同時に勉強が嫌いでした。それでも、最低限の勉強をさせて、高校まで入れました。いや、正確に言えば高3の夏まではよかったのです。高3の秋以降も勉強しなかった。それが致命傷でした。
高校の担任教員は、ただひたすら大学進学を勧めます。大学進学実績がほしいからです。でもボクは、はなから大学に行かせる気がなかったので、最初から専門学校志望。理由は簡単、勉強が嫌いな子を1年多く学ばせるのは、苦痛でしかないからです。1年でも早く社会に出たい。その気持ちはボクも分かります。

f:id:maruhenyasu:20191130132649j:plain

戴帽式

看護師の国家資格を取るために、3年制の専門学校と4年制の大学でどう違うかを、説明しましょう。その差はありません。大学が1年余計にかかるのは、資格取得以外の勉強をするからです。
では、就職で差はないか。差はあります。例えば、北海道大学附属病院は、専門卒を採用しないようです。
給料の面の差はどうか。差はありません。月収で1万円程度違うようですが、1年早く就職して、4大卒と同じ年齢ではベースアップと昇給があるわけですから、けっきょく差はないに等しいですね。
キャリア形成に差はあるか。あまり関係ないようです。第2子は、俗に言う本州の旧帝大の大学病院に就職しました。そこの看護部長、副部長は専門卒だそうです。けっきょく、仕事を始めれば実力の世界。そしてキャリアアップは就職後の勉強次第。
ただし、本州の旧帝大看護学科卒の子はとても優秀、別格だとうちの子は言っています。

「子どもが通う高校から専門学校に進むのは数人しかいないから、やっぱり遠くても大学を目指すべきか」という相談を受けました。この高校は、札幌でトップ校と呼ばれる公立4校のうちの1校です。
ボクの答えは、ここまで説明したとおりです。札幌は、国公立大学看護学科が難しい(偏差値が高い)。札幌以外に行けば入れそう、または私立大の看護でも行けそう。しかし、地元を離れれば学費が安くても仕送りが必要。私立大の看護は学費が高い。
大学に行って学びたいならどうぞ。そうでないなら専門学校がいいと思います。

『大学で学ぶ一般教養は大切.人生を豊かにする』はそのとおりですし、『大学というモラトリアムは人生において大切な時間』という意見も賛成です。ただ、勉強が嫌いなんだから、大学に行った人間の意見を押しつけるのは違うとボクは思います。

なお、看護師と医学部の初期は、ほぼ同じ内容を学んでいるようです。どっちも専門職養成学校ですからね。


看護師を目指す子を親は応援し続けた

 
2001年10月07日

欲しいものを買ってもらえず、姉の七五三参拝後、母親に靴を投げつける第2子。我ながらうまく育てたと思います(笑)


第二子は、看護師になるために生まれてきたような子です。汚いもの、めんどうなことをいとわない、奉仕の心が強い、死を冷静に受けとめることができる。そして、勉強は嫌いだけれど、働くことは好き。

ノラネコとしてわが家の回りをうろつき、冷たい雨が降る秋の夜に家に居着き、住み着いたネコが、数年前の2月に最期を迎えました。
高3になっていた第1子は、悲しくてただ泣くだけ。しかし中学3年の第2子は違いました。下のお世話、体の保温、そして臨終までをみごとに看取ったのです。学校を1日サボって納得のいく看護をし、数日後の早朝に死にました。
その後もときどきみごとなホスピタリティを発揮しました。吐しゃ物の処理とかをイヤな顔をしないでできるのです。しかも手際よく。

専門学校の病院実習では、入院患者さんに下の名前で呼ばれ、短い期間にもかかわらず、ずいぶんかわいがられたようです。
こういった子なので、親としては看護の道に進む子に対して何の不安もありませんでした。

f:id:maruhenyasu:20191130133943j:plain

死ぬ前の年の夏

ただ、今でも忘れられないことがひとつあります。
中学の、将来の進路希望調査の際、第2子が「看護師」と答えたら、中学教諭が「たいへんな仕事だから考え直してはどうか」と指導したというのです。
ボクは愕然としましたね。

こういう経験を積み重ねた結果、『高校受験は親の受験』と考えるようになりました。このことは後ほど書いてみます。
しっかりと進路を持った子に対して、その子が希望の進路に進めるような高校選びをしてあげることが親の責任だと思います。

第2子は、本当は医師希望だったそうですが、勉強が嫌いなので、看護師を志望しました。高校受験は、希望する高校よりランクを下げなければならなかったことで、入学後はがんばって旧帝大看護学科を目指すと発言しましたが、けっきょく勉強しませんでした。最初から専門学校を目指したわけではないのです。
そして、専門学校受験でも高校受験と同じ失敗を繰り返し、国公立が不合格でした。
ボクは、「勉強しなかった自分の責任なので、看護師をあきらめて就職しろ」といちどは言いましたが、女房に説得され、私立の受験を認めました。

そして3度目の受験が看護師国家試験。この子はあいからわず勉強しない。3回目ともなれば、女房とボクはお金で解決する道を選び、年末と年始、受験対策ゼミに通わせました。高い受講料を払って(笑)。
その効果は絶大だったと思います。国家試験に落ちたら目も当てられませんからね。

f:id:maruhenyasu:20191130132410j:plain

第2子が高1


今は一人暮らしで、寂しいこと、たいへんなことも多いと思いますが、仕事はうまくやっているようだし、上司からも一定の評価をもらっているようです。
組織や人事管理がいいらしく、働きやすいと言っています。先輩や上司がサバサバしていてつきあいやすいと。
親としては、北海道に戻ってきてほしい気持ちもありますが、札幌の病院ではうまくやれない気がしていて、働きやすい今の職場を大切にしてほしい気持ちもあります。

 

ロードバイク 札幌-厚田-当別ダム-当別-札幌周回120km.アプローチが長いよ

10月14日(月)10:04出発、16:30戻り.
おすすめコースと書かれていたので行ってみたが、14時過ぎからはどんよりの天気も災いして、ただアプローチが長いだけのダム(ダム湖)紀行になってしまった。

www.attic-bike.com

望来までの前半はダレまくり

ロードバイクで100km以上走るイベントは、初心者を抜け出していないボクにとってまだアドベンチャーであり、そういった意味では何となくバックカントリースキーと似ている。
・行動時間が6時間とか、かなり長い
・50kmくらい走ったら、もう戻れないのでリタイアできない
・おいしいところが終わったら、あとはひたすらつらいだけだったりする

f:id:maruhenyasu:20191025182453j:plain

石狩川のもっとも河口にあるR231の橋の上から写真撮ったよ

f:id:maruhenyasu:20191025182612j:plain

望来(もうらい)へと下る坂。けっこう好きなエリア

今回は、テンションが上がらずに山に行った、みたいな感じでした。
わが家-石狩市役所-石狩大橋-望来-厚田
このコースは勝手知ったる道です。
が、石狩市役所までがけっこう長い。
そこから大橋までもけっこう長い。
そこから望来(もうらい、と読みます)までもけっこう長い。
慣れた道だから感動も少ない。

f:id:maruhenyasu:20191025182701j:plain

ストリートビューではこんな感じです


というわけで、望来まではまったく盛り上がりませんでした。
が、望来から厚田へ向けては、別荘が建つ海を見下ろす丘のコースをとり、ここは楽しかった。
海がこんなふうに見えるんだなぁ。自転車っていいなぁ

いちどテンションが上がると、その先がけっこう長くても少しは気持ちが持ちます。
いくつかのアップダウンをへて石狩市厚田地区の中心部へ。
北海道限定のコンビニ・セコマでおにぎり、スポドリ、バナナを購入し、店の外にすわってランチ。

f:id:maruhenyasu:20191025182922j:plain

厚田川沿いのセコマ


そんなに暑いわけでもないのに、2時間ちょっと、50km弱走って500mlなくなるとは、ずいぶん早いこと。
わりとあたたかい。この日は気温が13℃台だったが風が弱く、あたたかく感じたのだろう。

のんびりしたダム湖・ふくろう湖

食事が終わったら、これから峠越え。厚田川をさかのぼってダムが続くエリアを目指し、その後は当別の街に降りるプランだ。
今回は山用のGPSであるガーミンe-trexを取り付けた。ゴール設定してゴールまでの距離を見ようと思ったのだがうまくできず、ただ、速度、距離、標高、日没時間を見るだけになった。
ヒルクライムには標高が出るといいかと思うけど、そもそもどのくらい登るのか分からずにガーミンを見ていると、オイラの場合は気持ちが萎える。
たぶん350mくらいがピークだろうと思っていたが、じつは300mだった。だから、『まだあるまだある』感のまま、下って終わった。
振り返ればわりとあっという間。

f:id:maruhenyasu:20191025183126j:plain

湖畔道路

f:id:maruhenyasu:20191025183223j:plain

f:id:maruhenyasu:20191025183210j:plain

 

それにしても、ずいぶん標高の低いところにあるダム湖だね。標高は50mくらい。当別川はここから直線で約20km下って石狩川に合流する。ゆっくり流れる川だ。
ボクが行った時間は風がおだやかでいい感じでしたが、湖面はにごり、空はどんより。写真もあまり映えないという。

それでも、ダムの横でひと休みして持参していたようかんを1本いただくと、マッタリしたいい時間を過ごすことができた。

弁華別小学校を見つけた

さあ、あとは当別道の駅によって帰るだけ。

tobest.co.jp


新しい道の駅で、まあいって見たいゾと。

ダム横からダム下まではあっという間。そこからは平坦の道をたんたんと走る。
淡々と走るというのはわりと苦手な模様。
そのうち、どこかで見たことのある古い学校(校舎)が左手前方に見えてきた。ボクの好きなやつだ。

f:id:maruhenyasu:20191025183705j:plain

体育館サイド

f:id:maruhenyasu:20191025183741j:plain

校舎サイド

弁華別小学校(べんけべつ)。廃校になった学校だが、学校建築は明治以降だから歴史の短い北海道でも京都でも平等だ。有名な木造建築は、増毛小学校、弁華別小学校、そして栗山町の雨煙別小学校がある。いずれも廃校になったが、雨煙別小学校はコカコーラハウスとして活用されており、幸せな余生を送っている。
弁華別小学校は、木造の体育館が特徴的。

中に入ってみたいが、先を急ぐ身。というのも、このころからガーミンが表示する日没時間が気になり始めた。
走る前に、全行程の距離と合計獲得標高は把握していた。距離が120km、獲得標高は1200mほど。だから、走行距離と現在の標高から、この先の距離ときつさが大体わかる。残りはほぼ平地。家まで約40kmとすると2時間。30分くらい余裕あるくらい。

当別からJRで帰ろうかな

そしてここからが長かった
走っても走っても景色が変わらない。達成感がない。
当別から自転車たたんでJRで帰ろう」
真剣に考えましたよ。

おまけに道路もわかりにくい。景色が変わらないから、迷ったんじゃないかという疑念が頭を徐々に占領してくる。

f:id:maruhenyasu:20191025183627p:plain

ストリートビューではこんな感じです

国道275沿いのローソンで休憩を兼ねて地図確認。どうやら道を間違った気配はない。ただ、道の駅はまだ先にある。
今一つ土地勘がないのでした。
ここでinゼリーのマルチミネラルを飲む。
これで、持参した食べ物をすべて消化した。

地図で確認したものの、依然として道に自信がない。
川の土手を走ったりしながら、ようやく太い道路に到達。
ここからは案外快適だったが、左手前方に見えてきた道の駅による時間は残されていなかった。

石狩川を越えて札幌市へ。
ロイズで左折して、あとは太い道をひたすら札幌新道へ向け走る。
車で走っても気持ちがいい片側3車線のこの道路は、けっこう気持ちよかった。スピードも30km/hくらいで巡航できて、走りやすい。
少しホッとした。
うちについたら、日没まで30分ほど。最後は速かったな。

f:id:maruhenyasu:20191025183848j:plain

 

ロードバイク 弘前-鰺ヶ沢周回:息子とともに80km

f:id:maruhenyasu:20191012112145j:plain

stravaデータ


9月28日(土)9:20出発、13時30分戻り.
遠征ではございません。
東北出張のついでに息子のアパートに寄り、ふたりで出かけたのでした。
荷物が増えるから、事前にヘルメット・シャツ・パンツ・グローブ・ビンディングシューズを宅急便で送る。
息子の部屋にはロードバイクが2台、通学用のクロスバイクが1台。一人暮らしに3台のバイクって(笑)。

そして前日夜、お仕事先のお客さまとともに、お気に入りの居酒屋「あば」ののれんをくぐり、4人で酒を酌み交わす。

津軽郷土料理の店 あば - 弘前東栄ホテル 弘前・観光・ビジネス Wi-Fi

goo.gl

父親は息子と酒を飲むのが楽しみなんだね。うちの親父もそう見えたけど、自分もそうでした。とくに「あば」は今年3月、アパート探しに行った日に夕食をたべに立ち寄ったお店で、おそらく息子は初めて日本酒を飲んだ夜だった。しかも冷やで1合。よく吐かなかったな。

そんな思い出の店で、前回見つけたうまい純米酒「蔵人(くらんど)」玉田酒造店をいただく。あと、いかメンチとか。

 

けっこういただいて店を出る。飲み屋から歩いて帰るというとてもコンパクトな街。
初めて入った息子の部屋には、ロードバイクが2台。


TREK Émonda ALR 赤いほう。高校2年の冬に買ったので、4年前かな。
LOOK 595 ultra 白いほう。中古でフレームを譲ってもらい、アルテグラで組んだらしい。

塾バイトの話しとか同級生、部活の話を聞いて、寝る。翌日のコースは、獲得標高800m、100km以内で、と伝えた。

f:id:maruhenyasu:20191011191719j:plain

息子作

翌朝、ジジイは早起きなので、息子より先にシャワーに入り、ちょっと片づけ。息子がつくってくれた朝飯をいただく。

f:id:maruhenyasu:20191011191809j:plain

サドル下げました(T-T)

9時ころに出発。父さんは足が短いから、サドル高さの調節ができないLOOKには乗れませんと言われる。
ちなみに、親子は身長がほぼ同じ、クリートペダルも互換性があるものがついているので、ほぼ乗れるのでした。


うっかりしていたが、TREKには乙女ギアがついていない。それどころか、フロントはセミコンパクトといわれる大きいギア(52-36T)、リアが11-28Tという標準的タイプで、フロントインナー34,リア34という前後ギア比1:1になる自分のバイクとは違ってギアが重いことを忘れていた。あるブログによると、1.29となるらしい。果たしてヒルクライムできるのだろうか????

弘前から鰺ヶ沢へと続くリンゴ街道

f:id:maruhenyasu:20191012092947j:plain

ちょうど収穫のシーズン(帰り道の写真です)

市内を抜けるのにそれなりに時間がかかった。が、いったん抜けてしまうと、あとはリンゴ畑が続くアップダウンの連続。
越えても越えてもリンゴ畑。そして、永遠に続くかと思われるアップダウン。さすがに「いい加減にしろよ」ってころに『これを抜けたら鰺ヶ沢』と息子から声がかかる。

朝里峠と支笏湖行きを終わらせ、自分のなかでわりかし登りに自信が生まれたわけですが、坂のたびに離される。下りで追いつくの連続。登り性能がかなり違う。現実は厳しい模様。

日本海に出て、どうやらローソンだったと思われる店舗の駐車場で小休止。日本海をバックにチャリ2台の写真を撮りました。

 

GIANT TCR Advanced 1 と TREK Émonda ALR

『(GIANTとTREK)比べるとどう?』と聞かれたので、TREKは快適車のように乗りやすい。路肩の平板コンクリートのうえなんて、TCRじゃ絶対走る気にならんけど、TREKはわりと平気だった。と答えた。
あと、重い。踏んで前に進まない感じがある。これはホイールの問題らしい。市販車でいちばん重いクラスのホイールが純正装着されているらしく、フレームは軽いんだそう。それならそうと教えてくれよ。出発前にDURA-ACEのホイールに履き替えたのに(俺見守るだけ、作業は息子がやる)。
「フレームがちょっと小さいかな」と伝えたら、エモンダって楽なタイプのジオメトリーなんだそうで、サドルとハンドルが少し近い。フレームが小さいわけではないらしい。
「えー、じゃTCRってホントにレースバイクなんだ?」。そうらしい。選択を間違ったのか、おれ。

念のため帰りのコースについて聴いて見ると、『行きより坂がきついよ。かなり骨あるよ』とのお告げ。「あーそう」としか声がでない父でした。
実際、鰺ヶ沢まででけっこういい疲れでした。これからさらにキツイ登りが待っているとか、考えたくないので考えないことにしました。

 

杉木立の中を走る

f:id:maruhenyasu:20191012093343j:plain

脚さえあれば、最高にすてきな道(以下グーグルストリートビュー

水分補給して、SOYJOYを1本食べて、出発になります。
海沿いの道を進み、「左・岩木山」の青看板から左折。田舎道に入りました。ここがとってもいい感じのThe long and winding roadでして、じわりじわりと登っているのですが、道自体がとても楽しい。日本の農村風景でもあり山村風景でもあり。「クマ出没」看板もあり。

f:id:maruhenyasu:20191012093542j:plain

冬季閉鎖のゲート.見た瞬間、この先何が起きるかを知った

しかし、徐々に笑顔が消える登り区間に入ってきました。息子は遠くなる。杉木立の中をノロノロと。車は来ない。ロードバイクは遅い。オイラは疲れた。
ようやくひと区切りかと思ったら、怪しげな左折看板。その先は、見たくない冬通行止めと思われるゲートがあったのでした。

f:id:maruhenyasu:20191012093728j:plain

つづら折りだよ・・

ここからは本当に限界でした。おれ、きっと足つるな、と思いました。かといって足をついて休めばラクになる、というものでもない。だったらこぎ続けるしかないじゃないか。コーナーのたびに息子が後ろを振り返る。
あぁ、子ども達が小学生のころ近くの峠や滝までサイクリングに行って、後ろを走る息子を振り返ったっけな。いま、俺は逆に心配される立場にあるんだな。
そう気がついた。

f:id:maruhenyasu:20191012093808j:plain

まだ続くのかよ・・

もがき続けるうちにあれ、ちょっと違うかも、と思った。
『オヤジが足をつくところを見てやろう』『そろそろバテるな』という悪意があるな。
とか頭をよぎったところで、別に坂道が平らな道に変わるわけでもない。つらいことに代わりはない。

f:id:maruhenyasu:20191012093846j:plain

もう勘弁してくれよ・・(T-T)

後ろからバイクが近づいてきた。本気の人でした。あっという間に抜かれて、どうやら息子はその人についていったようでした。
ひとりで坂を登るうち、上から息子が降りてきました。
もうちょっとだそうです。
ニセピークを過ぎても、さらに登りが続き、ようやく見通しが利くところまで来ました。

f:id:maruhenyasu:20191012093948p:plain

ようやく頂上らしい


速攻ビンディングを外し、後ろのポケットからタオルを取り出したら、いっしょにメガネケースが飛び出して、路面に落下。ケース破壊。
フラフラです。

f:id:maruhenyasu:20191012094045j:plain

死亡寸前.ホント、

すこーし休んで、写真も撮る。さっきの本気の人は、ニセコクラシックで上位入賞した先輩なんだそう。「勝つ気あるのか!!」と叱られたと言っておりました。いや、勝つも負けるも・・・(笑)。
そして、この区間タイムがストラバ上でなんと10位、年代別1位になったのでした。ただ、その後、どんどん抜かれていますが。

f:id:maruhenyasu:20191012094151j:plain

先行する息子

そこからはしばらく下り。すそ野を走る道は行きとは違い、1本岩木山よりの道らしいですが、相変わらずのアップダウン。けっこうこたえています。
ボトルを1本飲み干し、2本目ボトルを取ってしまうのにもたもたしていたら、息子が近づいてきて、『お疲れですか?』とか聞きやがった。ボトルが入らなかっただけだわい!!

f:id:maruhenyasu:20191012094311j:plain

右に見える岩木山

でもコーラが飲みたいので、大声でコーラ飲みたいと伝えた。
少し走って自販機を見つけ、お札を出そうとしたら、あれれ、どこにもない!!
どうやらどこかで落としたらしい。今日は散々だわ。
小銭があったので小銭で、命のコカコーラを購入しました。息子はファンタを飲んでおった。

そっからさらに30分くらいかかって、ようやく市内へ。そしてアパートへ。

弘前はメシがうまい

f:id:maruhenyasu:20191012094510j:plain

札幌ラーメンよりうまいよ

シャワー浴びて、いっしょにラーメン食いに出かけて、
麺屋 玉三郎(味噌うまかったよ)

goo.gl

酒屋で酒買って札幌に送り、戻ってきたら昼寝しちゃった。

f:id:maruhenyasu:20191012094603j:plain

お通しです

夜は新しい店を開拓。
またぶらり散歩で、繁華街まで。
土手町のふじや

goo.gl

f:id:maruhenyasu:20191012094719j:plain

こちらはくじらね!

f:id:maruhenyasu:20191012094801j:plain

いかメンチ.これが正統派らしい


ここもうまいわ。
お通しがタチの天ぷら(汁物)。キスの天ぷらとか、くじらとか揚げ出し豆腐とか、いかメンチをまた頼んじゃった。締めはそば。幸せだった。

 

メットもシューズも全部持って、帰りは鉄路で戻りました。
弘前駅-〈在来線〉新青森-〈新幹線〉-新函館北斗-〈在来線特急〉-札幌。合計5時間42分。飛行機だと3時間13分。そんなに変わらんよ。